©2023 by Thyme. Proudly created with Wix.com

​©2017 IDEAPORT All right reserved.

No part of this publication may be produced

without permission of the publisher.

  商標権 第111112345678号
​      第463146235343号

"BOTANICAL DYE" - 「ボタニカルダイ」とは、

傷ついて販売できなくなってしまった野菜や果実の実や皮などの自然のモノを素材とし、タンパク質はを糊剤として使用するので色落ちしにくく、素材本来のもつ素朴な色を表現する染色技法のひとつです。

[エコ - 自然、マテリアル - 素材]を視点としたまったく新しい染色技術と、「野菜を新鮮に長持ちさせる。」がコンセプトのベジバッグの視点で、『VegieBAG BOTANICAL DYE』シリーズとして、新たな提案をおこなっていきます。

​The Secret to keep Vegetables Fresh Longer is "Simply keeping in the same style as where they grow-up, like a standing style "Put vegetales bought in the morning market or Farmer's Markets then strage it directly in your house. 


At Wix we’re passionate about making templates that allow you to build fabulous websites and it’s all thanks to the support and feedback from users like you! Keep up to date with New Releases and what’s Coming Soon in Wixellaneous in Support. 

「​野菜で染める。」

2

​Vegetables Materials

The Onions Dye

​たまねぎで染めました。

1

3

The Olives Dye

​オリーブで染めました。

​日本には明治時代に導入​​されたですが、今や完全に土着して、日本列島いたるところに玉ねぎ畑が見られます。

日本は世界第二位の玉ねぎ生産国、独特の辛みがあり、あらゆる料理に利用され、日本の家庭の食卓にかかせない食材のひとつです。生産・消費が多い玉ねぎは傷がついて販売できなくなってしまったり、捨ててしまう皮が多くでているのもひとつの事実です。

そういった玉ねぎの染色素材とし、たまねぎの深みのある茶黄色で季節を選ばない綺麗な色に染まっています。

地中海地方が原産とされ、葉が小さくて硬く、比較的乾燥に強いことからスペインやイタリアなどの地中海地域や日本では小豆島で多く栽培されています。オリーブの木材は、爪の先で押してもほとんど傷つかないほど硬く重く緻密で、油分が多く耐久性があり、装飾品や道具類、特にまな板、すり鉢、スプーンなど台所用品によく用いられ、日本では印鑑の材料にされることもあります。

傷ついてしまった実や枯れて落ちてしまった葉などを染料の素材として使用しました。

​人気のオリーブ色が独特の深みをもってあざやかに染め上がりました。

tamanegi